ANCA関連血管炎の病態と治療における最近の知見 Progress in pathogenesis and therapy of vasculitis syndrome

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 一瀬 邦弘 ICHINOSE Kunihiro
    • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科展開医療科学講座(第一内科) First Department of Internal Medicine, Graduate School of Biomedical Sciences, Nagasaki University
    • 玉井 慎美 TAMAI Mami
    • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科展開医療科学講座(第一内科) First Department of Internal Medicine, Graduate School of Biomedical Sciences, Nagasaki University
    • 中村 英樹 NAKAMURA Hideki
    • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科展開医療科学講座(第一内科) First Department of Internal Medicine, Graduate School of Biomedical Sciences, Nagasaki University
    • 川上 純 KAWAKAMI Atsushi
    • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科展開医療科学講座(第一内科) First Department of Internal Medicine, Graduate School of Biomedical Sciences, Nagasaki University
    • 江口 勝美 EGUCHI Katsumi
    • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科展開医療科学講座(第一内科) First Department of Internal Medicine, Graduate School of Biomedical Sciences, Nagasaki University

抄録

  血管炎症候群においては,ANCAの発見によりその発症機序,病態が明らかにされつつある.感染症などを契機としてTNFαなどの炎症性サイトカインが誘導され,それによって細胞膜表面に露出した細胞質内顆粒構成成分に結合したANCAは血管内皮細胞とも結合し,溶解酵素および活性酸素を放出して傷害することが明らかになっている.ANCAの産生についても細菌菌体成分との分子相同性が関与している可能性が示唆されている.治療については,The European Vasculitis Study Group (EUVAS)が積極的に臨床試験を実施し,ステロイド薬とシクロフォスファミドを中心とした免疫抑制薬の併用療法についての治療について確立している.さらに,生物学的製剤の投与についても有効であるとの報告が増えてきているが,有害事象の報告もみられ,その投与に当たっては注意が必要である.<br>

  Since antineutrophil cytoplasmic autoantibody (ANCA) was found, the researches in the pathogenesis of vasculitis syndrome have been developing. Proinflammatory cytokines including tumor necrosis factor-α are induced by certain infections, by which ANCA that binds to granule components of cytoplasm adhesions to endothelial cells. These endothelial cells produce proteolytic enzymes and oxygen radicals, which leads to vasculitis. It might be contributed in the production of ANCA that bacterial organisms are mimicry to the peptide sequences of granule components. The multicentric randomized clinical trials undertaken by the European Vasculitis Study Group (EUVAS) optimized that cyclophosphamide-corticosteroid combination therapy was useful to ANCA-associated vasculitis. It is increasing evidences that biologics are useful to ANCA-associated vasculitis, although it is necessary to take care of severe adverse effects.<br>

収録刊行物

  • 日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology  

    日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology 30(6), 432-443, 2007-12-31 

    日本臨床免疫学会

参考文献:  81件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021241958
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00357971
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09114300
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  IR  J-STAGE 
ページトップへ