ヒト口唇小唾液腺培養細胞からの唾液腺幹細胞の同定 Identification of human salivary stem cells from cultured labial minor salivary cells

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

  シェーグレン症候群では,唾液腺機能の廃絶がみられる.一度萎縮し,廃絶した唾液腺機能の回復は現在のところ困難であり,唾液腺組織の再生,機能回復を目的とした根治的療法が強く望まれている.我々は唾液腺の再生医療を目的として,ヒト口唇小唾液腺培養細胞中の唾液腺組織幹細胞の同定を行った.表面マーカーに依存しない幹細胞に共通した性質を利用したside population(SP)法を施行し,幹細胞が高い割合で含まれる細胞群の遺伝子発現解析を行ったところ,前立腺の前駆・幹細胞マーカーとして報告されているPSCA,また上皮幹細胞の増殖と分化制御に関わるDNp63の特異的な発現を見いだした.培養に伴う発現変動を観察したところ,ヒト唾液腺培養上皮細胞は培養初期にDNp63を発現し,その後,経時的にその発現を低下させ,その後にPSCAが発現する経時的な発現変化を示した.PSCAは前立腺の発生・再生過程において,その発現動態が変化する分子として報告されている.その発現動態より,ヒト唾液腺培養細胞内の分化過程にある前駆細胞群を示すものと考えられる.また,DNp63は上皮幹細胞の増殖と分化制御に関わることから,今後,唾液腺におけるPSCAとDNp63の解析を行うことで,ヒト唾液腺組織幹細胞の同定と,その発生・再生過程について更なる知見が得られるものと考えている.<br>

  Stem cell therapy is expected to be a promising approach for the compensation of lost organs. The various organization cells that compose an animal's body are always being renewed for the maintenance of homeostasis. The cells that become the source of new cells are a body's own stem cells. Cell therapy, using stem cells, has a few of bioethical problems but there is the advantage that it is not necessary to worry about the immunity rejection of the transplant because the body's stem cell is from it's own body. In our present study we identified side population cells (SP cells), which are highly enriched for stem cell activity in human salivary glands. Isolated SP cells expressed high level of DNp63 and PSCA (prostate stem cell antigen), but not nestin, Oct4 and CD34. Real time PCR analysis revealed that the expression of DNp63, detected in immature salivary epithelial cells, gradually decreased through cell differentiation. In contrast, PSCA can be distinguished among early differentiating and later transit-amplifying salivary epithelial cells in tissue culture. Our study suggested that these markers may mark the transition of human salivary epithelial cells.<br>

収録刊行物

  • 日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology  

    日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology 30(6), 455-460, 2007-12-31 

    The Japan Society for Clinical Immunology

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021242106
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00357971
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09114300
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ