麻疹・水痘・風疹・ムンプスに対する病院感染対策 Infection Control against Measles, Chickenpox, Rubella, and Mumps in the Hospital

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 真砂 州宏 MANAGO Kunihiro
    • 隼人町立医師会医療センターインフェクション コントロール チーム Hayato Medical Center, Infection Control Team
    • 三島 真美 MISHIMA Mami
    • 隼人町立医師会医療センターインフェクション コントロール チーム Hayato Medical Center, Infection Control Team

抄録

鹿児島県隼人町立医師会医療センターにおいて, 病院感染対策の一環として, 職員および委託職員の麻疹, 水痘, 風疹, ムンプスの抗体検査を実施した. 各疾患の抗体陰性率は麻疹16.8%, 水痘4.4%, 風疹14.6%, ムンプス13.3%であった. 水痘以外は抗体陰性率が10%を超えており, 病院職員間で集団感染する可能性が示唆された. 抗体陰性者にはワクチンの接種を実施し, 抗体獲得の確認を行った. 抗体獲得率は麻疹100%, 水痘76.9%, 風疹68.3%, ムンプス92.1%であった. さらに抗体が獲得されなかった職員に対しては, ワクチンの追加接種を行い, 抗体獲得の確認を行った. 2回目の接種での抗体獲得率は水痘100%, 風疹60%, ムンプス100%であった.<BR>麻疹, 水痘, 風疹, ムンプスはワクチンにより予防し得る疾患であり, 病院職員はこれらの疾患に対する抗体を保有していなければならない. しかし, vaccine failureの可能性もあるため, ワクチン接種のみでは病院感染対策としては不十分であり, 抗体獲得の確認までする必要があると考えられた.

収録刊行物

  • 環境感染  

    環境感染 21(1), 1-5, 2006-03-20 

    Japanese Society of Environmental Infections

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021243040
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1019475X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09183337
  • NDL 記事登録ID
    7902641
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-3650
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ