一般・消化器外科病棟における緑膿菌による交差感染の検討 A Study of Pseudomonas aeruginosa Infection in a General Surgery Ward

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

佐賀大学医学部附属病院において, 緑膿菌の検出率が高い一般・消化器外科病棟で, どのくらいの患者が本菌による感染症を発症しているのか, またそれは交差感染なのかを明らかにする目的で研究調査を行った.<BR>2000年11月1日から2001年10月31日までの1年間に一般・消化器外科病棟に入院し, 各種臨床検体から緑膿菌が検出された35名の患者とその患者より分離された71株の緑膿菌株を対象とした. 緑膿菌の検出された患者は, 保菌が7名 (7/35=20%), 感染症が28名(28/35=80%) であった. 感染症の様式は,手術部位感染20名(20/28=71.4%), 肺炎7名 (7/28=25%), 尿路感染症1名 (1/28=3.6%) であった. 71株の緑膿菌株についてパルスフィールド電気泳動法(pulsed field gel elctorophoresis; PFGE) によるDNAタイプの解析を行なったところ, 緑膿菌は27タイプに細分化された. この中にはDNAタイプが一致するものがあり, それに基づいて5グループに分けることができ, 交差感染が疑われた. また, 同一患者から検出された緑膿菌は, 検体が異なっても同一のタイプを示すことが多く(p<0.01),内因性感染が考えられた.

収録刊行物

  • 環境感染  

    環境感染 21(1), 24-29, 2006-03-20 

    Japanese Society of Environmental Infections

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021243105
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1019475X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09183337
  • NDL 記事登録ID
    7902743
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-3650
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ