閉鎖式輸液回路とマキシマルバリアプレコーションの中心静脈カテーテル関連血流感染低減効果 Efficacy of Closed Infusion System and Maximal Sterile Barrier Precautions for Reduction of Central Venous Catheter-related Blood Stream Infection

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 環境感染  

    環境感染 21(1), 39-44, 2006-03-20 

    日本環境感染学会

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021243149
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1019475X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09183337
  • NDL 記事登録ID
    7902773
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-3650
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ