2004/05シーズンにおける大学病院看護師を対象にしたインフルエンザ感染のコホート調査 Cohort Study of Influenza Infection for Nurses in an University Hospital during 2004/05 Season

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

看護師におけるインフルエンザの感染経路や予防接種の有効性, 経年連続接種の効果を実証するために, 2004/05年シーズンの大学附属病院におけるインフルエンザ感染のコホート調査を実施した. 看護師539名を対象に, ワクチン接種者は492名, 未接種者は44名, 接種率は91.8%であった. インフルエンザ診断キットによる確定罹患者は32名あったが, そのうちワクチン接種者の罹患率は6.1% (30/492名), 未接種者での罹患率は4.5% (2/44名) であった.罹患者25% (8/32名) が他人にうつしたと感じ, その中に患者も1名含まれていた. 経年連続接種と罹患率の関係はそのシーズンのみ接種12.3% (8/65名), 2年連続で接種5.4% (14/261名), 3年連続4.9% (8/164名) であった. またその罹患者のなかでB型インフルエンザの占める割合は, それぞれ87.5% (7/8名), 62.3% (9/14名), 37.5% (3/8名) と連続接種により有意に減少した. 21-40歳における検討では, 年齢が高いと罹患率は低いという相関はなく, また病棟および外来勤務について罹患率に差はなかったが, 家庭内で子どもや夫から感染する例が多かった. 年齢に関係なく, インフルエンザワクチンを経年連続接種するとともに, 家族に接種を勧めることが大切であると考えられた.

収録刊行物

  • 環境感染  

    環境感染 21(2), 87-90, 2006-06-20 

    Japanese Society of Environmental Infections

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021243209
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1019475X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09183337
  • NDL 記事登録ID
    8030828
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-3650
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ