大腸癌手術症例における手術部位感染予防対策の費用効果分析 Cost Effectiveness of Infection Control : Surgical Site Infections after Large Bowel Operations

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

手術部位感染 (SSI) サーベイランスを行ってきた病院において, 大腸切除術症例を対象に感染予防対策の費用効果分析を行った.<BR>対象は, サーベイランス導入期の1999年の1月から6月までと安定期の2002年7月から12月までに入退院した大腸切除術症例とし, 診療記録より対象症例の属性や感染の有無等を調査した. 各期間の感染対策について感染管理専門看護師に聞き取り調査を行った. 患者1人あたりの感染対策費および診療報酬を算定した.<BR>感染予防対策で1999年から2002年までに変更された主な項目は, クリニカル・パスにより抗菌薬の種類と投与タイミング, 決められた投与期間を厳守することと, 手術創部に対して生理食塩水による皮下洗浄法を取り入れたことなどであった. 1人あたりの感染対策費は, 1999の13,898円に対して2002年には7,008円に削減され, その差額は, 6,890円であった. 発生群と非発生群の術後の診療報酬の差額は, 1999年で738,000円, 2002年で528,000円であった. 1999年の大腸癌手術症例の発生率は28.6%, 2002年は17.1%であった. 感染予防対策に要する一人あたりの費用は, 導入期よりも安定期が低く費用効果的であると考えられた.

The cost-effectiveness of measures to prevent infection in cases of colon resection were analyzed in a hospital with surgical site infection (SSI) surveillance in patients undergoing colon resection admitted during the period of surveillance introduction (January to June 1999) and a period of stability (July to December 2002). The case attributes and type of infection were evaluated using medical records, nurses specializing in infection control were interviewed with regard to countermeasures against infection in each period, and the per-patient expense of countermeasures against infection and medical fees were calculated.<BR>Major changes in countermeasures against infection from 1999 to 2002 were adherence to a determined duration of administration and type of antimicrobial agent and administration timing in accordance with a clinical path as well as incorporation of subcutaneous lavage with physiological saline. Per-person expenses for countermeasures against infection were reduced from 13, 898 yen in 1999 to 7, 008 yen in 2002 (reduction of 6, 890 yen). The difference in postoperative medical expenses between the infected group and the uninfected group was 738, 000 yen in 1999 and 528, 000 yen in 2002. The infection rate for cases of colon cancer surgery was 28.6% in 1999 and 17.1% in 2002. Per-person expenses required for measures to prevent infection were lower in the period of stability than in the period of surveillance introduction, suggesting that the measures were highly cost-effective.

収録刊行物

  • 環境感染  

    環境感染 21(2), 103-108, 2006-06-20 

    Japanese Society of Environmental Infections

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021243251
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1019475X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09183337
  • NDL 記事登録ID
    8030873
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-3650
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ