病院改修時におけるアスペルギルス抗原検査によるサーベイランス Surveillance Using the Aspergillus Antigen Test During Construction in a Hospital

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 寺田 喜平 TERADA Kihei
    • 川崎医科大学附属病院院内感染対策室, 小児科 Department of Pediatrics, Infection Control Team, Kawasaki Medical School Hospital

抄録

病院改修時にアスペルギルス胞子が舞い上がり, 入院中免疫抑制患者に侵襲性アスペルギルス症の増加が報告されている. 2002年11月より当院の改築が開始となったため, サーベイランス方法について検討を行った. 第1回アスペルギルス抗原の検討では1999年前半から2002年前半まで抗原粗陽性率は4%以下であったが, 2002年後半7.6%, 2003年前半14.3%と増加した. 入院診療録から抗原陽性となった免疫抑制患者数を検討したが増加を認めなかった. 2002年9月から検査法が凝集法からELISA法に変更され, 感度の増加が原因と考えられた. 第2回は同一患者からの重複検体を除外し, 患者陽性率を調査した. 2004年前半3.5%, 後半3.2%, 2005年前半6.3%と増加していた. また血液内科の入った病棟で増加を認め, 病棟の実地調査からクリーンルーム移動に際した病棟内工事との関連が疑われた. 侵襲性肺アスペルギルス症患者は幸い発生せず, ターミナル患者においてアスペルギルス抗原が陽性化した. その後院内での啓発と病棟での対応についてマニュアルを作成した. アスペルギルス抗原陽性率のサーベイランスと実地調査が有効な方法であると考えられた.

Cases of invasive aspergillosis are reported to increase during construction work in a hospital. Our hospital underwent reconstruction beginning in December 2002, so we investigated good surveillance methods for the prevention of invasive aspergillosis. The first trial surveyed the positive rate in the serum aspergillus antigen test among samples. Positive rate had been less than 4% from the first half of 1999 to the first half of 2002, but increased to 7.6% in the second half of 2002 and 14.3% in the first half of 2003. However, the positive rate among immunocompromised patients apparently did not increase. The sensitivity of test increased in September 2002, as the method was changed from agglutinin assay to ELISA. Therefore, the change of assay was thought to be the reason for the increase. The second trial excluded multiple samples from the same patient to investigate the positive rate among patients. The positive rate increased to 6.3% in early half of 2005 from 3.5% in the first half of 2004 and 3.2% in the second half of 2004. We found the number of positive patients increased in the wards, in particular in the division of hematology. The increase in positive patients coincided with the transfer of clean rooms to a new ward. Therefore, we suspected this operation to be the cause. Fortunately, no patients with invasive aspergillosis were found, but positive findings were limited to terminal malignancy patients in the wards. Thereafter, we established guidelines and a new manual for prevention of invasive aspergillosis. Surveillance based on the serum antigen test is one of the best methods for prevention.

収録刊行物

  • 環境感染  

    環境感染 21(3), 175-179, 2006-09-20 

    Japanese Society of Environmental Infections

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021243379
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1019475X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09183337
  • NDL 記事登録ID
    8528017
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-3650
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ