注射剤混合業務に関する実態調査 Investigation of the Status of Injection Mixture Preparation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

注射剤の混合業務は, 中心静脈栄養 (IVH) の調製を中心に増加の一途をたどっている. 感染制御の上から, IVHなどは薬剤師がクリーンベンチ内で, 抗悪性腫瘍剤は安全キャビネット内で無菌的に混合調製する重要性が叫ばれている. 今回, 医療施設にアンケートを送付し, 注射剤混合業務に関する実態調査を実施した. アンケート項目は, クリーンベンチ・安全キャビネットの設備状況, 主に混合調製を行っている医療スタッフ, 混合時の服装, IVH投与時および混合調製時のフィルタ使用の有無およびフィルタの種類などとし, 118施設より回答が得られた. クリーンベンチは94.1%, 安全キャビネットは71.2%の施設に設置されており, その大半は薬剤部内に設置されていた. しかしながら, IVH, 抗悪性腫瘍剤, その他の注射剤の混合調製のいずれも, 看護師により設備の整っていない環境下で実施されている率が高いことが認められた. また, 混合時の服装についても, 薬剤師においては無塵衣, 手袋, マスク, 帽子ともに70%以上の着用率であったが, 薬剤師以外においてはいずれも着用率が低いことが認められた.また, IVH投与時のインラインフィルタの使用率は79.7%であり, 混合調製時のメンブランフィルタの使用率は49.4%であった. 今後, 感染制御の面から, 薬剤部内の設備を活かし, 薬剤師による混合調製を推進していく必要があると考える.

The preparation of injection mixtures, mainly for intravenous hyperalimentation (IVH), is increasing in medical institutions. The importance of infection control in preparation of injection mixtures under sterile conditions, such as in a clean bench for IVH and a safety cabinet for anticancer drugs, has been emphasized. We conducted a questionnaire survey on the status of the preparation of injection mixtures in medical institutions. The questionnaire included whether the institution has clean benches and/or safety cabinets, which medical staff prepare injection mixtures, clothing during injection mixture preparation, and whether and what kind of filters are used for the preparation of injection mixtures and administration of IVH. Answers were obtained from 118 institutions.<BR>Clean benches were installed in 94.1%, and safety cabinets in 71.2%, of the institutions. Most of them were installed in the pharmaceutical department. However, the preparation of IVH, anticancer, and other injection mixtures was often performed in under-equipped conditions by nurses. More than 70% of the pharmacists wore dust-free garments, gloves, masks, and caps, but far fewer of the other medical staff members wore such garments. The rate of the application of inline filters to IVH was 79.7%, and the rate of the application of membrane filters to injection mixture preparation was 49.4%.<BR>Infection control requires the promotion of the utilization of equipments installed in pharmaceutical departments and preparation of injection mixtures by pharmacists.

収録刊行物

  • 環境感染  

    環境感染 21(3), 180-184, 2006-09-20 

    Japanese Society of Environmental Infections

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021243390
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1019475X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09183337
  • NDL 記事登録ID
    8528036
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-3650
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ