注射用抗菌薬使用量と薬剤耐性菌検出数の相関について : 院内情報紙を使った情報共有化の有用性 Relationship between the Use of Injectable Antimicrobial Agents and Incidence of Resistant Bacteria : The Effect of Sharing Data Using Staff Information Sheets

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

当院では, 以前よりセフェム薬の使用割合が多く, 全体の使用量の約半数を占めていた. そこで, 病棟別使用割合を作成し院内感染対策委員会で協議した結果, 院内情報紙を全セクションに発行して情報を共有化することとした. その結果, 抗菌薬総使用量及びセフェム薬の使用割合は減少し, ペニシリン薬の使用割合が増加した. また, <I>S. marcescens</I>に対するフロモキセブとセフタジジムの耐性株検出数は減少し, <I>P. aeruginosa</I>に対するセフタジジムとイミペネムの耐性株検出数も減少した. 院内情報紙発行による院内全セクションにわたる情報の共有化は, 抗菌薬の適正使用と薬剤耐性菌の検出減少に有用な方法の一つと考えられる.

The use of cephems had grown at our hospital to account for nearly half of all antimicrobial agents prescribed. Quotas for cephems were set and assigned to each ward, and staff information sheets were distributed to all sections after discussion at the committee for prevention of nosocomial infection. As a result, both total use of antimicrobial agents and proportionate use of cephems decreased, whereas proportionate use of penicillin increased. The incidences decreased of <I>S. marcescens</I>isolates resistant to flomoxef and ceftazidime, and <I>P. aeruginosa</I> isolates with resistance to ceftazidime and imipenem. Data sharing by distribution of staff information sheets is important for promoting appropriate use of antimicrobial agents and reducing the incidence of bacterial drug resistance.

収録刊行物

  • 環境感染  

    環境感染 21(3), 191-196, 2006-09-20 

    Japanese Society of Environmental Infections

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021243408
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1019475X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09183337
  • NDL 記事登録ID
    8528078
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-3650
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ