高水準消毒薬の殺芽胞効果に及ぼす温度および有機物の影響 Effect of Temperature and Organic Matter on Sporicidal Activity of High Level Disinfectants

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<I>Bacillus subtilis</I>の芽胞をシリコンディスク上に付着させて乾燥させた後, 消毒薬を滴下して芽胞の殺滅に要する時間を検討した. 20℃において10<SUP>2</SUP> cfuレベルの芽胞を, 3%グルタラールは1時間, 0.3%過酢酸は1分, 0.1% (1000ppm) 次亜塩素酸ナトリウムは20分で殺滅効果を示した. しかし, 0.55%フタラールは殺滅に6時間以上を要した. また, シリコンディスク上で乾燥させた芽胞の上に0.1%アルブミンを添加して乾燥させた場合での消毒薬の殺芽胞効果は, 0.1%次亜塩素酸ナトリウムでは殺滅効果が遅延したものの, その他の薬剤では殺滅効果の遅延は見られなかった. 一方, 3%グルタラールの殺芽胞効果は, 30℃では30分で, 20℃では1時間で効果が得られるものの, 10℃では2時間が必要であった. また, 0.3%過酢酸は30℃では30秒で, 20℃では1分間で効果が得られるものの, 10℃では2分間が必要であった.

The activity of glutaral, phtharal, peracetic acid and sodium hypochlorite disinfectants against spores of Bacillus subtilis ATCC6633 was evaluated using carrier tests. At 20°C, 3% glutaral killed 10<SUP>2</SUP> spores of Bacillus subtilis within 1 hr, 0.3% peracetic acid killed 10<I>2</I> spores of Bacillus subtilis within 1 min and 0.1% sodium hypochlorite killed 10<SUP>2</SUP> spores of Bacillus subtilis within 20min. The activity of 3% glutaral solution was effective in 30 min at 30°C, 1 hr at 20°C and 2 hrs at 10°C. The activity of 0.3% peracetic acid solution was effective in 30 sec at 30°C, 1 min at 20°C and 2min at 10°C. The activity of 0.1% sodium hypochlorite was, however, considerably delayed by the presence of 0.1% albumin. 0.55% Phtharal showed little effect on the spore count even after 6 hrs. Based on these findings, glutaral and peracetic acid are recommended as having effective sporicidal activity.

収録刊行物

  • 環境感染  

    環境感染 21(4), 236-240, 2006-12-20 

    Japanese Society of Environmental Infections

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021243447
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1019475X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09183337
  • NDL 記事登録ID
    8641512
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-3650
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ