血液内科病棟におけるミキシング療法導入による緑膿菌の薬剤感受性の改善効果 Improvement of Antibiotic Susceptibilities of Psudomonas aeruginosa Due to Intervention of Mixing Therapy in the Ward of Hematology

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 森朝 紀文 MORIASA Norifumi
    • りんくう総合医療センター・市立泉佐野病院薬剤科 Department of Pharmacy, Izumisano Municipal Hospital, Rinku General Medical Center
    • 松本 朝美 MATSUMOTO Asami
    • りんくう総合医療センター・市立泉佐野病院検査科 Division of Clinical Laboratory, Izumisano Municipal Hospital, Rinku General Medical Center
    • 増田 紀子 [他] MASUDA Noriko
    • りんくう総合医療センター・市立泉佐野病院看護部 Department of Nursing, Izumisano Municipal Hospital, Rinku General Medical Center
    • 鈴木 千晶 SUZUKI Chiaki
    • りんくう総合医療センター・市立泉佐野病院看護部 Department of Nursing, Izumisano Municipal Hospital, Rinku General Medical Center
    • 西 淳雄 NISHI Atsuo
    • りんくう総合医療センター・市立泉佐野病院総務課 Division of General Affairs, Izumisano Municipal Hospital, Rinku General Medical Center
    • 畑中 一生 HATANAKA Kazuo
    • りんくう総合医療センター・市立泉佐野病院内科 Department of Internal Medicine, Izumisano Municipal Hospital, Rinku General Medical Center
    • 玉置 俊治 TAMAKI Toshiharu
    • りんくう総合医療センター・市立泉佐野病院内科 Department of Internal Medicine, Izumisano Municipal Hospital, Rinku General Medical Center

抄録

血液内科において発熱性好中球減少症 (febrile neutropenia: FN) に対して, 抗菌薬を発症順に使用するミキシング療法を導入した. 血液疾患に伴う感染症の原因菌として重要な緑膿菌について, 導入前1年間, 導入後1年間, 最近1年間の3期に分け, 病棟における検出率, 使用したセフェム薬・カルバペネム薬感受性率をレトロスペクティブに調査した. その結果, 緑膿菌検出率は有意に減少し, 多剤耐性緑膿菌検出数, 患者数も減少した. また, 感受性率は殆どの薬剤で改善した. 今回, ミキシング療法により感受性率が改善したことは, 耐性菌の出現を抑制することができる可能性が示唆された.

Mixing therapy involves sequential change of the first-line antibiotic administered to patients with febrile neutropenia using six different agents. <I>Pseudomonas aeruginosa</I> is a major hospital-acquired pathogen for patients with hematologic disorders, so the incidence of isolates of multi-drug resistant <I>P. aeruginosa</I> (MDRP) and the susceptibilities to antibiotics were retrospectively investigated during three periods, before and after the introduction of mixing therapy, and the last 1 year. The results showed that the isolation rate of MDRP had decreased and the susceptibilities to most antibiotics had increased. Mixing therapy may be effective for preventing the development of antibiotic resistance.

収録刊行物

  • 環境感染  

    環境感染 21(4), 241-246, 2006-12-20 

    Japanese Society of Environmental Infections

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021243461
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1019475X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09183337
  • NDL 記事登録ID
    8641535
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-3650
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ