外科系病棟看護師のアルコール含有手指消毒薬を用いた手指衛生行動の検討 A Study of Hand Hygiene Behavior by Alcoholic-based Hand Rub on Nurses of Surgical Ward

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

医療処置に伴う看護行為が多い外科系病棟における看護師のアルコール含有手指消毒薬を用いた手指衛生行動を明らかにするために調査を行った. 調査期間は2004年6月~8月, 調査日数は15日間であった.(1) ナースステーションの手洗いシンク場,(2) 観察室への入退室時,(3) MRSA感染症患者の病室への入退出時,(4) 創処置介助時における看護師の手指衛生行動の観察を行った結果, 手指衛生行動535場面に対して, アルコール含有手指消毒薬を用いた手指衛生行動が67場面 (12.5%) 観察された. それぞれの場面での看護師のアルコール含有手指消毒薬を用いた手指衛生行動は, 手術後患者収容の観察室への入退出時における手指衛生47回に対して2回 (10.0%) と少なかったが, MRSA感染症室への入退室時においては, 手指衛生45回に対して33回 (73.3%) であった. 59の創処置介助場面については, 看護師の手指衛生21回のうち, 15回 (71.4%) であった.今後, アルコール含有手指消毒薬を用いた手指衛生の推奨と同時に, 看護師の手指衛生行動を高めていくための方策の必要性が示唆された.

収録刊行物

  • 環境感染  

    環境感染 21(4), 272-277, 2006-12-20 

    Japanese Society of Environmental Infections

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021243547
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1019475X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09183337
  • NDL 記事登録ID
    8641616
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-3650
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ