多発性肝転移を伴った胃原発AFP産生性肝様腺癌を含む三重癌の1剖検例 An autopsy case of triple cancers including gastric AFP-producing hepatoid adenocarcinoma with multiple liver metastases

この論文をさがす

著者

    • 大西 紘二 OHNISHI Koji
    • 熊本大学大学院医学薬学研究部細胞病理学分野 Department of Cell Pathology, Graduate School of Medical Sciences, Kumamoto University
    • 堀野 敬 HORINO Takashi
    • 熊本大学大学院医学薬学研究部消化器外科学分野 Department of Gastroenterological Surgery, Graduate School of Medical Sciences, Kumamoto University
    • 竹屋 元裕 TAKEYA Motohiro
    • 熊本大学大学院医学薬学研究部細胞病理学分野 Department of Cell Pathology, Graduate School of Medical Sciences, Kumamoto University

収録刊行物

  • 診断病理 : Japanese journal of diagnostic pathology  

    診断病理 : Japanese journal of diagnostic pathology 25(2), 82-87, 2008-04-30 

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021252057
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11572555
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13456431
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ