機能検査 4. Functional Diagnosis of Peripheral Artery Diseases

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

末梢動脈の機能を評価する検査方法には,いくつかの方法があり,それらの組み合わせにより診断·評価を行っている.下肢動脈の血圧低下を数値化するABI測定,容量変化をクラフ化·評価する脈波検査,動脈壁の硬さを評価するPWV測定,跛行の出現する距離測定と,下腿筋血流が回復するまでの時間を計るトレッドミル検査などがある.目的に応じた使い分けと,適正な評価により末梢動脈機能を知ることができる.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 97(2), 309-316, 2008-02-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021253314
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    9382590
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ