超音波検査 5. Ultrasonic Diagnosis of Peripheral Arterial Diseases

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

末梢動脈疾患(Peripheral Artery Disease;PAD)の診断や治療効果の判定において,超音波検査(ultrasonography:US)は,血管形態評価と血流評価を行える有用な検査法である.実際の検査では,病変部位の同定,狭窄率算出,治療後の評価など様々にチェックするポイントがある.また検査範囲が広いために一度に描出できる範囲が狭いUSでは,効率のよい検査が求められる.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 97(2), 317-324, 2008-02-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021253318
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    9382600
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ