マルチスライスCT 6. Multislice CT of Peripheral Arterial Diseases

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

末梢動脈疾患の診断や治療方針の決定に画像検査が果たす役割は大きく,マルチスライスCTを用いた低侵襲診断が重要な役割を占めるようになっている.マルチスライスCTは簡便で低侵襲であり,3次元画像を用いた詳細な評価が可能で,末梢動脈疾患においても高い診断能が得られている.また精度の高い血管径計測も可能であり,治療のプランニングに有用である.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 97(2), 325-331, 2008-02-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021253331
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    9382614
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ