先天性ネマリンミオパチーに関連した拡張型心筋症の1剖検例 An autopsy case of dilated cardiomyopathy associated with congenital nemaline myopathy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ネマリンミオパチーは筋線維内に桿状体様構造物(ネマリン小体)をもつ稀な先天性ミオパチーであり,時に心筋症の合併が報告されている.今回我々は自然歴の終盤にて拡張型心筋症を併発したネマリンミオパチーの一剖検例を経験した.ミクロ所見では心筋線維は骨格筋線維と同様の全般的萎縮を認めた.電顕ではネマリン小体は骨格筋線維内に認めるのみであったが,心筋線維Z帯の変性が見られることや患者の第2子にも同様の心筋障害がみられることよりネマリンミオパチーに関連した心筋症と考えた.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 97(2), 413-416, 2008-02-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021253421
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    9382831
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ