Q熱診療の最前線 Frontier of Q Fever Management

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Q熱は,リケッチアやレジオネラに近縁のコクシエラ属の<i>Coxiella burnetii</i>により主に肺炎や気管支炎の形で発症する感染症の総称であり,インフルエンザ様の一過性熱性疾患であると共に人獣共通感染症でもある.家畜やペットから感染して発症するが,ヒト-ヒト感染は稀である.欧米では市中肺炎の第4~5位を占めることが判明しており,多くは予後良好で,無治療でも死亡率は1~2%にとどまる.一方で遷延する例や予後不良な慢性型もあり,確定診断例や疑いの強い例は積極的に治療する.確定診断は血清抗体価の有意上昇によるが,抗体価の上昇までに長期間を要する例が多いので経過を追う必要がある.偏性細胞内寄生性の本菌に細胞内移行の不良なβ-ラクタム薬は基本的に無効であり,テトラサイクリン薬やマクロライド薬,キノロン薬が奏効するが,自然治癒例も多いためβ-ラクタム薬の投与で見かけ上は改善する例が多い.ワクチンはわが国では普及していない.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 97(2), 423-429, 2008-02-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  23件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021253444
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    9382900
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ