大動脈瘤術後に合併した半月体形成性腎炎の2例 Two cases of crescentic glomerulonephritis appeared after treatment for aortic anurysm with vascular graft

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 眞岡 知央 MAOKA Tomochika
    • 北海道大学大学院医学研究科内科学講座免疫・代謝内科学分野・第二内科 Medicine II, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    • 広瀬 貴行 HIROSE Takayuki
    • 北海道大学大学院医学研究科内科学講座免疫・代謝内科学分野・第二内科 Medicine II, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    • 石川 康暢 ISHIKAWA Yasunobu
    • 北海道大学大学院医学研究科内科学講座免疫・代謝内科学分野・第二内科 Medicine II, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    • 江端 真一 EBATA Shinichi
    • 北海道大学大学院医学研究科内科学講座免疫・代謝内科学分野・第二内科 Medicine II, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    • 伊藤 政典 ITO Masanori
    • 北海道大学大学院医学研究科内科学講座免疫・代謝内科学分野・第二内科 Medicine II, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    • 柴崎 跡也 SHIBAZAKI Sekiya
    • 北海道大学大学院医学研究科内科学講座免疫・代謝内科学分野・第二内科 Medicine II, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    • 橋本 整司 HASHIMOTO Seiji
    • 北海道大学大学院医学研究科内科学講座免疫・代謝内科学分野・第二内科 Medicine II, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    • 望月 俊雄 MOCHIZUKI Toshio
    • 北海道大学大学院医学研究科内科学講座免疫・代謝内科学分野・第二内科 Medicine II, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    • 小池 隆夫 KOIKE Takao
    • 北海道大学大学院医学研究科内科学講座免疫・代謝内科学分野・第二内科 Medicine II, Hokkaido University Graduate School of Medicine

抄録

今回我々は悪性腫瘍に対する化学療法を受け寛解した後に,大動脈瘤人工血管置換術をうけ,その直後に半月体形成性腎炎を発症した症例を2例経験した.半月体形成性腎炎が術後に発症すること自体稀であるが,その機序を考える上でも興味深く示唆に富む症例と考えられたためここに報告する.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌

    日本内科学会雑誌 97(4), 807-809, 2008-04-10

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021253947
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    9482211
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ