腎機能の評価 2. Evaluation of Renal Function

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

腎機能検査は糸球体濾過量(glomerular filtration rate;GFR)を見るものと,尿細管機能を見るものに分かれる.糸球体機能を反映するGFRはイヌリンを持続注入し,クリアランスを測定することにより求める.実際の臨床上は,血清クレアチニン値と年齢を用いてGFRを計算する推算式が用いられる.尿細管機能は近位尿細管の機能を見る検査と遠位尿細管・集合管機能を見る検査に分かれる.多くは負荷試験であり,適応を考慮して慎重に行うことが必要である.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 97(5), 921-928, 2008-05-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021254079
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    9515548
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ