腎生検の実際 4. Current Status of Renal Biopsy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

腎疾患,特に,慢性糸球体腎炎では,初期の自・他覚症状が乏しく,検診などで蛋白尿を指摘されてはじめてきづかれることも多い.腎疾患を組織学的に確定診断し,治療方針を決定し腎予後を推定するためには腎生検が最も重要な診断手技となる.一方,腎生検は,血流豊富な臓器である腎を穿刺する観血的検査なので出血は不可避で,常に出血合併症が最も問題となる.したがって,腎生検では,その適応と禁忌を充分に吟味し,合併症のリスクを最小限に留めなければならない.本稿では,腎生検の適応と禁忌,実施の手技,合併症について概説する.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 97(5), 934-941, 2008-05-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021254099
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    9515582
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ