自己抗体 5. Autoantibody

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

腎炎の中には,血清中に自己抗体を認め,この自己抗体が直接,間接的に腎炎の病態に関連している疾患がある.代表的な自己抗体として,抗糸球体基底膜抗体,抗dsDNA抗体,抗好中球細胞質抗体がある.これらの自己抗体は主に疾患標識抗体として,また治療の指標として臨床に利用されている.いずれの抗体が陽性の腎炎でも,診断が遅れると急速進行性腎炎症候群の経過で腎不全が進行することがあるため,早期の診断・治療開始が重要である.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 97(5), 979-985, 2008-05-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021254184
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    9515670
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ