副腎皮質ステロイド薬と免疫抑制薬 3. Adrenocorticosteroid and Immunosuppressant

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

副腎皮質ステロイド薬は多くの原発性・続発性腎疾患の第一次選択薬である.一方,免疫抑制薬はステロイドに抵抗性を示す症例に対して一般に投与される.また,一部の疾患では免疫抑制薬の積極的な使用が腎予後を改善させるとされてきた.しかし有効性と安全性のエビデンスは必ずしも十分ではなく,感染症を始めとする重篤な副作用も多い.各薬剤の特性を理解し,十分なインフォームドコンセントを取得した上で使用すべきである.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 97(5), 1008-1015, 2008-05-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021254222
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    9515740
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ