診療ネットワークの形成 : 慢性腎臓病(CKD)対策を中心に 1. Formation of Healthcare Network Centering Around the Countermeasure against Chronic Kidney Disease

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

慢性腎臓病(CKD)は,日本人で10%の高頻度な病態で,末期腎不全と心血管イベントの最も重要な危険因子の一つであるが,早期発見・介入で治療可能である.CKD対策の現実的課題は,世界的CKD啓蒙運動の推進とCKDの主な病因である生活習慣病対策と連携した健診システムによる患者の早期発見と地域医療機関,医療スタッフの診療連携による効率的な診療ネットワークの構築である.有効で実現可能なシステム作成と実現に向けた政策立案を目指す国家レベルの研究が開始されている.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 97(5), 1035-1043, 2008-05-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021254267
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    9515798
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ