モルディブより帰国後デング出血熱を発症した1例 Dengue hemorrhagic fever after a trip to the Maldives

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

16歳,男性.モルディブから帰国後7日目に高熱と下痢を生じた.肝機能異常と血小板減少を認め,渡航歴から旅行者感染症を考えた.末梢血スメアでマラリア原虫を認めず,腸チフスとデング熱の可能性を考え抗菌薬を使用の上,国立感染症研究所に依頼しデングウイルス3型遺伝子を検出した.その後皮膚点状出血や凝固時間延長が出現し,デング出血熱の診断基準を満たした.支持療法で改善し入院7日目で退院した.渡航歴の確認が重要と考えた.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌

    日本内科学会雑誌 97(5), 1075-1077, 2008-05-10

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021254294
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    9515840
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ