歴史と概念 1. History and Concept

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

慢性閉塞性肺疾患(COPD)を慢性気管支炎あるいは肺気腫と呼ぶことがある.しかし,COPDを特徴づける気流閉塞は,末梢気道病変(慢性閉塞性細気管支炎)と肺気腫がさまざまな割合で混合して起こる.よって,慢性気管支炎,肺気腫いずれの病名も正しく病態を反映しているとは言えない.COPDにおける末梢気道病変の重要性を理解したうえで,本疾患がunder-diagnosis,under-treatmentの代表的な疾患であることに留意すべきである.本邦では慢性気管支炎症状の乏しいCOPD患者も多い.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 97(6), 1170-1176, 2008-06-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021254408
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    9550466
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ