栄養障害とその対策 5. Nutritional Disorder and Its Countermeasures

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

全身性疾患であるCOPDにおいて栄養障害は予後や病態と密接に関連する重要な"systemic effect"である.しかし,栄養管理の手法や有効性に関するエビデンスは確立されていない.栄養障害には代謝亢進や全身性炎症,内分泌ホルモンの分泌動態の変化などが複合的に関与しており,これらのメカニズムに基づいた新たなストラテジーが求められている.グレリンは摂食促進に加えて蛋白同化作用と抗炎症作用を有する治療として期待される.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 97(6), 1198-1205, 2008-06-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021254476
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    9550530
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ