予防としての禁煙 8. Smoking Cessation as Prophylaxis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

喫煙は,慢性閉塞性肺疾患の主要でかつ最大の原因である.一方,禁煙により,咳や痰などの自覚症状の改善,肺機能低下の経年変化の改善,入院率の減少,COPD関連死亡のリスクの減少が認められている.近年増加しているCOPDを予防するためには青少年の喫煙防止に加えて喫煙者の禁煙が重要な対策である.喫煙を治療が必要な病気と捉え,日常診療での禁煙の動機づけや保険による禁煙治療の推進が望まれる.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 97(6), 1269-1279, 2008-06-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  27件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021254592
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    9550612
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ