2型尿細管性アシドーシスを合併した発作性夜間血色素尿症 Paroxysmal nocturnal hemoglobinuria with type 2 renal tubular acidosis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

30歳,女性.1995年に発作性夜間血色素尿症と診断され,外来で月1回の頻度で赤血球輸血を行っていた.2006年2月頃より輸血の頻度が増加し,10月に溶血発作による重度の貧血で入院となった.低K血症とAG正常な代謝性アシドーシスを認め,尿の不十分な酸性化能とHCO<sub>3</sub><sup>-</sup>負荷試験によるHCO<sub>3</sub><sup>-</sup>排泄率の増加から2型尿細管性アシドーシスと診断した.これに対し重曹4.2g/日の投与を行ったところ,輸血の頻度が減少した.両者は高頻度に合併すると考えられるが,まとまった報告はなく,見逃されている可能性がある.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 97(6), 1318-1320, 2008-06-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021254651
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    9550623
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ