抗リン脂質抗体症候群の病態と治療の最新の理解 New Concept of Clinical Pathology and Treatment of Antiphospholipid Syndrome

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

抗リン脂質抗体症候群(antiphospholipid syndrome,APS)は,β<sub>2</sub>-glycoprotein I(β<sub>2</sub>-GPI)やプロトロンビンなどのリン脂質結合蛋白を対応抗原とする抗リン脂質抗体(antiphospholipid antibodies;aPL)が血中に存在し,血栓症や妊娠合併症などの多彩な臨床症状がみられる自己免疫疾患である.aPLが血栓症や妊娠合併症を引き起こす機序については,(1)aPLが凝固線溶系に影響を及ぼす,(2)aPLが血小板,血管内皮細胞,単球を活性化させる,などが考えられている.さらに近年では,aPLは血栓形成のみならず,補体の活性化などを介した組織障害を引き起こすことが注目されている.APSの治療は,急性期の血栓症の治療,血栓症の再発予防,妊娠合併症の予防に大別され,それぞれの病態に応じた治療が選択される.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌

    日本内科学会雑誌 97(6), 1334-1340, 2008-06-10

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021254685
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    9550688
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ