ヒトES細胞およびiPS細胞の研究 Study on Human Embryonic Stem Cells and IPS Stem Cells

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

幹細胞を体外で増殖させ目的とする細胞へと分化させた後に移植する細胞移植治療は,ドナー不足などの問題を抱える臓器移植に代替しうる治療法として注目されている.ES細胞およびiPS細胞はほぼ無限に増殖し,かつ全ての細胞種に分化しうるため,細胞移植の細胞源として期待されている.キメラマウスさらには全細胞がES細胞由来のマウスをも作製できることから,ES細胞は「万能細胞」とも呼ばれている.しかしES細胞を細胞移植に用いた場合,アロ移植となるため免疫拒絶反応が予想される.そこで体細胞を初期化(リプログラミング)することによってレシピエント由来の多能性幹細胞を誘導する試みがなされている.この中で,体細胞に3~4因子を導入することによりES細胞に匹敵する多能性を持つiPS細胞が大きく注目されている.克服するべき問題が残るもののES細胞やiPS細胞は大きな可能性を持つため今後の研究の進展が待たれる.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 97(6), 1341-1347, 2008-06-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021254700
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    9551172
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ