慢性完全閉塞(CTO)に対する経皮的冠動脈インターベンション(PCI)における被曝線量増加要因の検討 : 空気カーマを用いた線量モニタリングの結果から Factors for the Increase in Exposure Dose at Percutaneous Coronary Intervention of Chronic Total Occlusion : In View of Air Kerma Monitoring

この論文をさがす

著者

    • 田島 修 TAJIMA Osamu
    • 埼玉県立循環器呼吸器病センター 放射線技術部 Department of Radiological Technology, Saitama Prefecture Cardiovascular and Respiratory Center
    • 松田 幸広 MATSUDA Yukihiro
    • 埼玉県立循環器呼吸器病センター 放射線技術部 Department of Radiological Technology, Saitama Prefecture Cardiovascular and Respiratory Center
    • 武藤 誠 MUTOH Makoto
    • 埼玉県立循環器呼吸器病センター循環器科 Department of Cardiology, Saitama Prefecture Cardiovascular and Respiratory Center
    • 石川 哲也 ISHIKAWA Tetsuya
    • 埼玉県立循環器呼吸器病センター循環器科 Department of Cardiology, Saitama Prefecture Cardiovascular and Respiratory Center
    • 今井 嘉門 IMAI Kamon
    • 埼玉県立循環器呼吸器病センター循環器科 Department of Cardiology, Saitama Prefecture Cardiovascular and Respiratory Center

収録刊行物

  • Japanese journal of interventional cardiology  

    Japanese journal of interventional cardiology 23(1), 71-76, 2008-02-10 

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021262133
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10236882
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09148922
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ