急性心筋梗塞発症時非責任冠動脈にプラーク破綻し血栓性の有意狭窄を生じたが冠動脈造影上, 同部位の血栓の消失を認めた1例 Significant Coronary Stenosis with Thrombus causing Plaque Rupture in a Non-culprit Lesion in Acute Myocardial Infarction with regressing Stenosis Following Thrombus Disappearance during the Subacute Phase : A Case Report

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • Japanese journal of interventional cardiology  

    Japanese journal of interventional cardiology 23(2), 129-134, 2008-04-10 

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021262217
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10236882
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09148922
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ