ディスペプシアに対する科学的な治療戦略 Evidence based treatment strategy for dyspeptic symptoms

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 三輪 洋人 MIWA Hiroto
    • 兵庫医科大学内科学(上部消化管科) Division of Upper Gastroenterology, Department of Internal Medicine, Hyogo College of Medicine
    • 大島 忠之 OSHIMA Tadayuki
    • 兵庫医科大学内科学(上部消化管科) Division of Upper Gastroenterology, Department of Internal Medicine, Hyogo College of Medicine
    • 富田 寿彦 TOMITA Toshihiko
    • 兵庫医科大学内科学(上部消化管科) Division of Upper Gastroenterology, Department of Internal Medicine, Hyogo College of Medicine

抄録

ディスペプシア患者は多くの症状を持ち,またそれを的確に表現しているとは限らない.さらに症状は時間とともに変化していくことから,症状に基づいて治療薬を決定するという戦略は危険であり,ディスペプシア患者に対しては共通の診療アルゴリズムに基づいた科学的治療が必要であろう.わが国では,これら患者は慢性胃炎という保険病名の下で治療されており,個々の医師が自分の経験などに基づいて処方薬を判断しているが,その効果はほとんど検証されていない.著者はプロトンポンプ阻害薬を中心とする酸分泌抑制薬を第1選択とし,運動機能改善薬や精神神経作用薬を第2選択薬として用いるという治療戦略が望ましいと考えている.この背景にはピロリ菌感染率の減少,食事を含んだ生活習慣の欧米化などを原因とする日本人の酸分泌能の増加がある.この分野に関するわが国のエビデンスはいまだ少ないが,今後日本人でのエビデンスに基づいてディスペプシアに対する共通の治療戦略を構築していく必要がある.<br>

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology  

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 104(11), 1594-1600, 2007-11-05 

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  32件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021269397
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ