画像的に進展を捉えた肝エキノコックス症の1例 A case of alveolar hydatid disease of the liver for which progression was seen on CT images

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

59歳,女性.平成13年2月に近医にて,肝腫瘤を指摘され紹介となった.CTではlow density areaとして描出され,生検にて炎症性偽腫瘍と診断されたが,平成15年6月に多発小嚢胞をともなう病変と変化した.エキノコックス抗体陽性から,肝エキノコックス症の診断にて,肝左葉切除術が施行された.肝エキノコックスの初期病変には,嚢胞や石灰化などを認めないことがあり,注意を要すると考えられた.<br>

A 59-year-old woman with autoimmune hepatitis was referred to our hospital for examination of a liver tumor detected in 2001. A CT scan showed a hypovascular mass, and a liver biopsy revealed the presence of an inflammatory pseudotumor. A June 2003 CT scan showed enlargement of the tumor and polycystic pathological changes. Echinococcus antibody was positive, and a diagnosis of liver hydatid disease was made. A liver left lobe resection was performed. CT was useful in this case for detecting change in the lesion and for making the diagnosis of liver hydatid disease.<br>

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology  

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 104(11), 1625-1631, 2007-11-05 

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021269506
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ