慢性膵炎の栄養療法 Nutrition therapy for patients with chronic pancreatitis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 伊藤 鉄英 ITO Tetsuhide
    • 九州大学病態制御内科 Department of Medicine and Bioregulatory Science, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 安田 幹彦 YASUDA Mikihiko
    • 九州大学病態制御内科 Department of Medicine and Bioregulatory Science, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 河辺 顕 KAWABE Ken
    • 九州大学病態制御内科 Department of Medicine and Bioregulatory Science, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 大野 隆真 OONO Takamasa
    • 九州大学病態制御内科 Department of Medicine and Bioregulatory Science, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 加来 豊馬 KAKU Toyoma
    • 九州大学病態制御内科 Department of Medicine and Bioregulatory Science, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 久野 晃聖 HISANO Terumasa
    • 九州大学病態制御内科 Department of Medicine and Bioregulatory Science, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University

抄録

慢性膵炎においては病期にあった栄養療法が必要である.代償期では,疼痛予防,急性再燃の予防を主眼とした栄養管理が主体となり,膵への過度の刺激を避ける食事療法,特に脂肪制限が重要である.非代償期では,栄養療法に加え適切な薬物療法を行わないと消化吸収障害および膵性糖尿病が顕在化することで低栄養状態が進行する.便中への脂肪喪失を考えても一律に低脂肪食を指導すべきでなく,十分量の脂肪を摂取させ,十分量の消化酵素剤を投与すべきである.また,膵性糖尿病の治療は,消化酵素剤を投与した上でインスリン量を決定する必要がある.栄養状態を改善することが重要であり,高血糖回避のためのエネルギー制限は必要でない.<br>

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology  

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 104(12), 1722-1727, 2007-12-05 

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  32件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021269741
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ