超音波内視鏡下吸引細胞診(EUS-FNA)が有用であった膵悪性リンパ腫の1例 A case of pancreatic malignant lymphoma diagnosed by EUS-FNA

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は57歳女性.2005年5月初旬に閉塞性黄疸を呈し入院となった.膵頭部に7cmの腫瘤を認め,腹部超音波検査では辺縁平滑で低エコー,腹部CTでは造影早期,後期とも膵実質と同程度の造影効果を示した.また<sup>67</sup>Gaシンチグラムでは強い集積を認めた.確定診断を目的に,超音波内視鏡下吸引細胞診を施行しdiffuse large B cell malignant lymphomaと診断した.<br>

A 57-year-old woman was admitted to the hospiital because of obstructive jaundice. Abdominal computed tomography and ultrasonography showed a homogeneous mass 7cm in diameter at the head of the pancreas. Gamma-scintigraphy showed uptake in the head of the pancreas. Histological diagnisis was obtained by endoscopic ultrasoundscopy-fine needle aspiration (EUS-FNA). The pathological and immunohistochemical studies showed diffuse lymphoma with large B-cells. We experienced a rare case of pancreatic malignant lympoma and EUS-FNA was usefull in the diagnosis.<br>

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology  

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 105(1), 86-92, 2008-01-05 

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  6件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021270261
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ