高齢者C型慢性肝炎の治療 Treatment of the old patients with chronic hepatitis C

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

わが国のC型慢性肝炎患者は高齢化が進んでおり,65歳以上のいわゆる高齢者の割合が増加している.これらの症例では肝病変が進行している症例が多く,早急に積極的な治療介入が必要である.インターフェロン·リバビリン併用療法は現在最も強力な抗ウイルス療法であるが,高齢者では副作用が強く出現する傾向があり,併用療法の治療効果を阻害している.高齢者C型慢性肝炎ではこれらの副作用を軽減させ,治療効果を向上させるため全身クリアランスベースのリバビリン投与が望ましい.また高齢者とくに女性例ではHCV減衰が遅延する傾向があり,高齢者の特殊性を加味した治療期間の設定が必要である.<br>

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology  

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 105(2), 191-198, 2008-02-05 

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  28件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021270348
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ