B型肝炎ウイルスの変異と治療 Mutations in the hepatitis B virus and treatment of hepatitis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 四柳 宏 YOTSUYANAGI Hiroshi
    • 東京大学医学部・生態防御感染症学 Department of Infection Control and Prevention, Division of Microbiology Graduate School of Medicine and Faculty of Medicine, University of Tokyo
    • 小池 和彦 KOIKE Kazuhiko
    • 東京大学医学部・生態防御感染症学 Department of Infection Control and Prevention, Division of Microbiology Graduate School of Medicine and Faculty of Medicine, University of Tokyo

抄録

B型肝炎ウイルス遺伝子の変異をopen reading flame毎に概説した.preS-S領域においてはvaccine-induced escape mutant, PreS2領域の大きな欠失などが見られる.また,preC-C領域においてはHBe抗原の産生を低下させるプレコア領域および上流のbasic core promoter領域の変異が知られており,劇症肝炎や肝細胞癌との関連が示唆される.また,P領域の変異は各種核酸アナログ製剤の耐性株出現時に見られる変異である.<br>

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology  

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 105(2), 199-205, 2008-02-05 

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  40件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021270377
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ