胃癌における H. pylori 感染 The role H. pylori infection in gastric cancer

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

胃癌の成因には多くの因子が複雑に関与しているが、中でも<i>H.pylori</i>感染は最も重要な因子である。<i>H.pylori</i>感染は胃炎を惹起し、持続感染によって萎縮性変化をもたらす。胃癌は組織型に関係なく慢性胃炎を背景として発癌するのが一般的である。これまで疫学的成績、スナネズミを用いた動物実験、ヒトでの前向き研究などから、<i>H.pylori</i>感染と胃癌の関連性は明らかになっている。<i>H.pylori</i>除菌による炎症の改善が胃癌予防に結びつく可能性が指摘されている。動物実験においては<i>H.pylori</i>除菌の胃癌予防効果は証明され、感染早期に除菌する方が発癌抑制効果が強いことも示されている。しかし、臨床での介入試験の成績は十分ではなく、胃癌予防における<i>H.pylori</i>除菌の有用性はまだ明らかでない。<br>

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology  

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 105(3), 337-343, 2008-03-05 

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  24件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021270589
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ