自己免疫性膵炎の診断 : 海外とわが国の診断基準の比較 Diagnosis of autoimmune pancreatitis with special reference to comparison of diagnostic criteria among Japan : Korea and United States

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 岡崎 和一 OKAZAKI Kazuichi
    • 関西医科大学内科学第三講座(消化器肝臓内科) Department of Gastroenterology and Hepatology, Kansai Medical University
    • 内田 一茂 UCHIDA Kazushige
    • 関西医科大学内科学第三講座(消化器肝臓内科) Department of Gastroenterology and Hepatology, Kansai Medical University

抄録

自己免疫性膵炎の診断に関して,わが国の診断基準の現状を述べるとともに海外との比較についてのべた.わが国の「自己免疫性膵炎臨床診断基準2006」(厚生労働省難治性膵疾患調査研究班,日本膵臓学会)は,(1)膵臓病の専門家や消化器病の専門医だけでなく,一般医家をも対象にする,(2)本症と最も鑑別すべき膵癌や胆管癌などの悪性疾患をできるだけ排除する,(3)全身疾患である可能性はあるが,各膵外病変の診断法が確立されていないことより,膵病変に限定された診断基準である,(4)ステロイドの診断的治療は避ける,などのミニマムコンセンサスの立場である.一方,海外からは,ステロイドの効果や膵外病変を含む,より広範囲な立場をとる診断基準が提唱されている.<br>

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology  

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 105(4), 486-493, 2008-04-05 

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  32件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021270892
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ