自己免疫性膵炎にともなう硬化性胆管炎の特徴 Characteristic findings of sclerosing cholangitis with autoimmune pancreatitis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 大原 弘隆 OHARA Hirotaka
    • 名古屋市立大学大学院消化器・代謝内科学 Department of Gastroenterology and Metabolism, Nagoya City University Graduate School of Medical Sciences
    • 安藤 朝章 ANDO Tomoaki
    • 名古屋市立大学大学院消化器・代謝内科学 Department of Gastroenterology and Metabolism, Nagoya City University Graduate School of Medical Sciences
    • 林 香月 HAYASHI Kazuki
    • 名古屋市立大学大学院消化器・代謝内科学 Department of Gastroenterology and Metabolism, Nagoya City University Graduate School of Medical Sciences
    • 城 卓志 JOH Takashi
    • 名古屋市立大学大学院消化器・代謝内科学 Department of Gastroenterology and Metabolism, Nagoya City University Graduate School of Medical Sciences

抄録

自己免疫性膵炎は高率に硬化性胆管炎を合併する.びまん性に硬化性の胆管狭窄をきたす症例では難治性の原発性硬化性胆管炎との鑑別を,限局性に胆管狭窄をきたす症例においては胆管癌との鑑別が重要である.自己免疫性膵炎に合併する硬化性胆管炎は膵病変と同様にステロイドに良好に反応するため,肝移植の適応となる原発性硬化性胆管炎と正確に鑑別することが大切である.そのためには臨床像,胆管像,超音波像などの画像診断および病理像の特徴を理解する必要がある.また膵病変をともなわず硬化性胆管炎単独で発症する症例もありこのような症例の診断は難しい.<br>

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology  

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 105(4), 502-510, 2008-04-05 

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  42件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021270966
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ