緊急手術が必要となった消化管ALアミロイドーシスの1例 A case of gastrointestinal AL amyloisosis requiring emergency surgery

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

69歳男性.黒色便を主訴に来院し,内視鏡検査にて十二指腸下行脚に15mm大の粘膜下腫瘍様の隆起と同部からの漏出性出血を認めた.内視鏡的止血に難渋し,準緊急に十二指腸部分切除術を施行した.術後,AL(lambda型)アミロイドーシスと診断された.消化管ALアミロイドーシスは多発する粘膜下腫瘤様隆起が特徴的とされているが,発見当初,本例では単発の隆起を呈しており,まれな形態と考えられた.<br>

A 69-year-old man tarry stools received emergency endoscopy. Which revealed a solitary submucosal tumor about 15mm in diameter with a central ulcer, exhibiting woozing bleeding in the duodenal second portion. Endoscopic hemostasis was unsuccessful so emergency surgery was performed. Histological examination revealed amyloid with A-lambda immunoreactivity. Usually, this type of amyloidosis appears multiple submucosal masses. However this case presented as a single nodule at initial examination. We should keep in mind the potential of encountering this atypical form of amyloidosis.<br>

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology  

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 105(4), 535-542, 2008-04-05 

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  30件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021271032
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ