脾の inflammatory pseudotumor の1例 A case of splenic inflammatory pseudotumor

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は51歳,女性.46歳時に胃癌で胃切除術を施行された.その後,近医定期通院中,2004年10月脾臓に径10mm大の腫瘤性病変を指摘された.2005年11月に行った検査で腫瘍径の増大を認め,切除を希望され当院を受診した.単純CTでは低吸収の腫瘤として,また造影CTでは遷延性の造影効果を示した.また造影超音波ではvascular imageで腫瘤内部に散在性に微細で淡い染影像がみられ,delayed parenchymal phaseにおいては比較的境界明瞭な染影欠損像として描出された.胃癌の脾転移も否定できず,2006年1月脾臓摘出術を施行した.病理組織学的には好酸性線維の増生や硝子化および炎症細胞浸潤が認められ,inflammatory pseudotumorと診断した.<br>

A 51-year-old woman who had undergone gastrectomy for advanced gastric cancer was found to have a splenic tumor during the postoperative clinical observation. Abdominal computed tomography (CT) demonstrated solitary splenic tumor 15mm in diameter with delayed contrast enhancement. Abdominal ultrasonography (US) revealed low echoic mass with enhancement at vascular and perfusion image. We performed splenectomy to exclude the possibility of the metastatic tumor. The tumor was histopathologically diagnosed as inflammatory pseudotumor because of the presence of acidophilic fiber proliferation, hyalinized tissue and infiltration of lymphocytes and plasma cells.<br>

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology  

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 105(4), 572-577, 2008-04-05 

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021271155
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ