免疫調節剤によるクローン病の緩解維持療法 Immunomodulator therapy for maintenance of remission in Crohn's disease

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 岩男 泰 IWAO Yasushi
    • 慶應義塾大学包括先進医療センター Center for Conprehensive and Advanced Medicine, Keio University School of Medicine

抄録

Crohn病(CD)は若年者に好発する難治性疾患であり,再燃緩解を繰り返して長期の経過をたどるため,緩解導入後の維持療法は重要である.免疫調節剤が保険適応になり,CD治療における選択肢が広がった.CDの緩解維持療法として高いエビデンスを有するが,骨髄抑制をはじめとする副作用も一定の割合で発生する.副作用の可能性を十分に説明し,同意を得てから投与する必要がある.白血球数など血液データをモニタリングしながら,少量から開始し徐々に増量する.有効例では3∼4年間の継続投与を行う.免疫調節剤の薬物動態の解明が進んでおり,有効性の向上,副作用防止などテーラーメード医療の実践が期待される薬剤である.<br>

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology  

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 105(5), 659-668, 2008-05-05 

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  80件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021271265
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ