Infliximab 定期的投与にて5年8カ月ぶりに人工肛門を閉鎖し得た大腸クローン病の1例 A case report : Periodical infliximab administration enabled closure of colostomy in fistulating perianal Crohn's disease

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は28歳の大腸クローン病女性.広範な肛門周囲膿瘍のため下行結腸に人工肛門造設されるも,再燃を繰り返していた.平成16年10月人工肛門より突然下血が見られ入院となる.Infliximab投与にて速やかに止血し,その後8週毎に投与したところ長期緩解が得られ5年8カ月ぶりに人工肛門閉鎖術を施行した.Infliximab継続治療により,緩解維持だけでなく人工肛門閉鎖も可能となることが期待される.<br>

A 29-year old woman with Crohn's disease was performed colostomy due to severe perianal abscess. Her disease had been easy to recur and she was admitted to hospital for intestinal bleeding caused by acute exacerbation in Crohn's disease on October 2006. The bleeding was stopped rapidly and clinical remission was maintained with bimonthly administration of infliximab. Finally, her colostomy was closed after 5 years 8 months. Periodical treatment of infliximab not only prevented recurrence but also enabled closure of colostomy in fistulating perianal Crohn's disease.<br>

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology  

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 105(6), 825-829, 2008-06-05 

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021271741
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ