メシル酸イマチニブによる neoadjuvant therapy が奏効した直腸原発GISTの1例 A case of GIST of the rectum successfully treated with imatinib mesylate neoadjuvant therapy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は60歳男性.MRIで前立腺浸潤が疑われた長径10cm大の高リスク直腸原発GISTに対し,イマチニブによるneoadjuvant therapy後,手術を施行した.剥離が困難であり腹会陰式直腸切断術となったが,腫瘍の縮小にともない前立腺への浸潤は否定され骨盤内臓全摘を回避することができた.イマチニブによるneoadjuvant therapyは根治性の向上や機能温存に有用である可能性がある.<br>

A 60-year-old man, with a high risk GIST of the rectum, suspected of the infiltration to the prostate and measuring 10cm in diameter, underwent resection after neoadjuvant therapy of imatinib mesylate. Perineal approach was added because intraperitoneal dissection was not enough, however, the infiltration to the prostate was denied completely due to a reduction in the tumor size, thus total peritoneal resection was avoided. It seems that neoadjuvant therapy with imatinib mesylate is useful for resectability and for the preservation of the functions of ambient organs.<br>

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology  

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 105(6), 830-835, 2008-06-05 

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  6件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021271754
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ