骨転移をきたした gastrointestinal stromal tumor (GIST) 3症例の検討 Three cases of gastrointestinal stromal tumor (GIST) with bone metastasis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

消化管間質腫瘍(gastrointestinal stromal tumor; GIST)の異時性骨転移をきたした1例の空腸GISTと2例の直腸GISTを経験した.いずれの症例も腫瘍径と核分裂像に基づく悪性度評価で高リスクに分類され,原発巣の切除後4年以上の期間を経て骨転移再発をきたした.GISTの転移は血行性肝転移または腹膜播種が多いと報告されてきたが,長期生存例においては骨転移をきたし得る可能性がある.<br>

We report three cases of gastrointestinal stromal tumor (GIST) with delayed bone metastasis at least four years after initial surgery. One small intestinal and two rectal GISTs were all considered as high-risk according to the classification based on tumor size and mitotic count. GIST usually metastasizes to the liver and peritoneum, however bone metastasis should be considered in the patients with long prognosis.<br>

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology  

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 105(6), 836-840, 2008-06-05 

    The Japanese Society of Gastroenterology

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021271769
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ