ステント留置によりQOLの著明な改善が得られた切除不能スキルス胃癌による十二指腸狭窄の1例 A PATIENT OF UNRESECTABLE SCIRRHOUS GASTRIC CANCER WITH DUODENAL STRICTURE WHO WAS SUCCESSFULLY TREATED WITH INTESTINAL STENT, RESULTING IN MARKED IMPROVEMENT OF QUALITY OF LIFE

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy  

    日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy 50(2), 212-216, 2008-02-20 

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021272080
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192102
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03871207
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ